どうして糖尿病の症状がおきるの?

糖尿病の症状は、主に血液中の血糖値が長時間高い状態が続くことにより、血流障害や神経障害が原因でおこる事があります。

また、血糖値が高いと免疫力が低下するので細菌に感染しやすくなります。

水虫になりやすいのも免疫力がおちているとかかりやすくなります。

小さな傷でも化膿しやすくなるので、毎日の足の変化に注意をする事が、糖尿病の症状を早い段階でわかる手段になります。

足の神経障害がおきていると、靴づれやタコそして火傷などに気が付かない方もいます。

これらが原因となり、足潰瘍や足壊疽をひきおこす場合があるので、日々の足のチェックが重要です。

治療を行っている方でも、血糖値のコントロールが上手にできていない場合になる可能性があります。

血糖値が高いと、どのような弊害があるのか知っておくと血糖値のコントロールにも役立つでしょう。

神経障害があると、痛みに鈍感になるので、目視で確認をするしかなくなるので場合によっては家族の手も借りましょう。

糖尿病による足の症状は、視力の低下などにより深爪になったり、爪を切る時に傷をつけてしまう事が原因になっています。

足を清潔に保ち、毎日お風呂上りにチェックをする習慣を身に付けましょう。

また、こたつなどの暖房器具を直接使用しないように気をつけます。

糖尿病の症状をコントロールの為にも、喫煙の習慣のある方は禁煙をするのも重要なポイントになります。

自分にあったタイプの靴を履くように心がけます。

これは、足にあわない靴は靴づれの原因になるからです。

足の爪を切る際には、慎重に切る事が重要です。

また、なるべく足に怪我をしないようにするのも大切です。

これらは、血糖値が高いと抵抗力が健康な方より低いためにおこるリスクを避けるポイントになります。

靴を履く前に、怪我のもととなるような小石などが入っていないか確認する習慣を身に付けましょう。

小さな工夫で、リスクをさけられます。

これらの内容に関してはこのサイトが参考になります。

参考になる糖尿病の症状

Comments are closed.